中耳炎|蕨の耳鼻科 小児耳鼻科|わらび駅前耳鼻咽喉科クリニック

  • 048-443-3387
  • 平日:9:00~12:30/15:00~18:30 土:9:00~13:00
  • 〒335-0002 埼玉県蕨市塚越1-6-14 第一商事ビル2階

中耳炎

中耳炎とは

中耳炎は、耳の中耳の部分に炎症が起きている状態のことで、主に小児に罹患しやすい特徴があります。子どもの場合、耳管(中耳と咽頭をつなぐ器官)がまだ発達していないわけですが、この場合は耳管が太く水平の状態にあります。水平であれば咽頭から中耳に向けて細菌やウイルスが入りやすくなるので、これが引き金となって中耳炎が起きやすくなるということがあります。なお成人になると耳管は傾斜がつくようになるので、それらは入りにくい構造になります。

なお中耳炎には、急性中耳炎、滲出性中耳炎、慢性中耳炎、真珠腫中耳炎などの種類があります。

急性中耳炎とは

多くの場合、かぜ(上気道炎)をきっかけに起きるとされ、鼻水に含まれる細菌やウイルスが耳管を通じて中耳(鼓室)に入り込み、それによってウイルス感染や細菌感染が引き起こされて発症するようになります。主に乳幼児が罹患しやすく、成長によって耳管が傾斜するようになると発症しにくくなっていきます。

主な症状は発熱、耳の痛み、膿が鼓室に溜まることによる聞こえにくさ、耳閉塞感などです。小さいお子さんは自ら症状を訴えることができませんので、耳をしきりにいじる、声を上げて泣いている、不機嫌などの症状がみられるようになります。なお症状に関しては、両側の耳で起きることが大半です。

治療について

治療は症状の程度によって変わってきます。軽度であれば経過観察の場合もありますが、症状が改善されなかった場合や中等症であれば抗菌薬を処方していきます。また重症の場合は、鼓膜を切開して膿を出していく鼓膜切開術を行うこともあります。

また、これは予防対策の意味合いもありますが、鼻水が溜まってすするなどすると、中耳(鼓室)にウイルスや細菌が再度入り込むリスクが考えられるので適度に鼻をかむことも大切です。なお小さいお子さんの場合には、鼻水吸引にも対応していますので、お気軽にご相談ください。

鼻水吸引も行うことも有効ですので、鼻吸いだけでもご相談ください。

滲出性中耳炎とは

鼓室内に滲出液が貯留してしまい、そのことによって聴力の低下がみられている状態が滲出性中耳炎です。主に乳幼児と高齢者に発症しやすい病気です。同疾患は、耳管の働きが何らかの原因で低下することによって滲出液が溜まる、急性中耳炎などが完治しないこと、鼻炎や副鼻腔炎、アデノイド増殖症といった感染をきっかけに滲出液が溜まることで起きるといったことが挙げられています。

よく見受けられる症状は、聞こえが悪い(TVの音を大きくする、呼んでも返事をしない など)、耳閉塞感(耳が詰まる感じ)といったもので、発熱や耳の痛みといった自覚症状がとくに小児では自覚症状が現れません。また子供の場合は、症状が両耳にありますが、成人の場合は片側のみのこともあります。小児が発症する場合は、発症による症状が強く出ないので気づきにくいということもありますが、耳をよく触っている、頭を左右に振っているなどのしぐさが見られると要注意です。

治療について

治療は、まず滲出性中耳炎を引き起こす原因となっている病気の治療から行っていきます。鼻炎や副鼻腔炎などであれば抗菌薬、アレルギー性鼻炎が原因であれば抗ヒスタミン薬などを用います。また対症療法として去痰薬(カルボシステイン)、耳管通気を使用することもあります。

上記の治療法だけでは改善が困難という場合は、鼓膜を切開して内耳(鼓室)の中にある液体を排出する鼓膜切開術、鼓膜に小さな穴を開けてチューブを挿入して留置することで鼓室内の液体の排出や通気性をよくする鼓膜換気チューブ留置術などの手術療法を行っていきます。

医院概要Overview

●:土曜午前は9:00~13:00
休診:土曜午後、日曜祝日
診療時間 日祝
9:00~12:30
15:00~18:30

わらび駅前耳鼻咽喉科クリニック

〒335-0002
埼玉県蕨市塚越1-6-14 第一商事ビル2階
アクセス:JR蕨駅東口より徒歩3分

048-443-3387

当日順番予約はこちら
午前診療・午後診療ともに
午前 7:00~