副鼻腔炎|蕨の耳鼻科 小児耳鼻科 アレルギー科|わらび駅前耳鼻咽喉科クリニック

  • 048-443-3387
  • 平日:9:00~12:30/15:00~18:30 土:9:00~13:00
  • 〒335-0002 埼玉県蕨市塚越1-6-14 第一商事ビル2階

副鼻腔炎

副鼻腔炎とは

副鼻腔(前頭洞、篩骨洞、上顎洞、蝶形骨洞)にウイルスや細菌といった病原体が感染、あるいはアレルギーなどがきっかけとなって、炎症や膿が溜まるなどの症状がみられることがあるのですが、この状態を副鼻腔炎と言います。なお同疾患は炎症期間によって、1ヵ月以内で症状が治まる場合を急性副鼻腔炎、3ヵ月以上炎症が治まっていない状態を慢性副鼻腔炎に分けられます。

急性副鼻腔炎とは

急性副鼻腔炎の多くは、風邪症候群(急性上気道炎)によるウイルスが副鼻腔に感染することで炎症が起きるようになります。この場合は鼻水やだるさなどの症状しかでないこともあるので放置でもかまいませんが、細菌(ブドウ球菌、インフルエンザ菌、肺炎球菌 など)による二次感染が起きると治療が必要になります。このほか、アレルギー性鼻炎、虫歯、気管支ぜんそくが原因となることもあります。

主な症状は、粘着性の強い⻩⾊の鼻⽔、鼻づまり、咳が長引く、炎症を起こしている部位(頬、おでこ、目の周り、頭 など)の痛みなどです。

診断・治療について

患者さまの症状などから副鼻腔炎が疑われる場合は、主に頭部レントゲン検査によって診断をつけます。小児の場合は、鼻から膿(黄色っぽい鼻水)が出てくるといった症状で判断することが多いですが、レントゲンや内視鏡による検査をすることもあります。

治療をする場合ですが、炎症を抑える場合は消炎剤、細菌が原因であれば抗菌薬、アレルギー性鼻炎であれば、抗アレルギー薬を使用していきます。またこれらの薬剤が確実に副鼻腔へ行き届くようにネブライザー療法(鼻から吸って噴霧状の薬液が浸透するようにする)を行うこともあります。

慢性副鼻腔炎とは

蓄膿症とも呼ばれる病気で、主に急性鼻腔炎が治ることなく3ヵ月以上続いている、良くなったり悪くなったりを繰り返しているという場合に慢性副鼻腔炎と診断されます。

主な症状は、鼻づまり、臭いがしない、膿が混ざった悪臭を放つ粘り気のある鼻水、鼻茸(ポリープ)などです。

診断・治療について

急性副鼻腔炎の診断と同じように頭部レントゲン撮影によって副鼻腔の状態を確認するほか、慢性副鼻腔炎では鼻茸が併発しやすいので、内視鏡によってポリープの有無も調べていきます。

治療をする場合、炎症の症状には消炎剤を用いるほか、細菌が原因であれば抗菌薬を2~3ヵ月ほど投与していきます。ただ、抗菌薬が無力化することがないよう、薬の量や使用期間については医師の指示を守るようにしてください。また着実に炎症などの症状を抑えられるよう副鼻腔に薬(抗菌薬やステロイド など)が浸透できるようネブライザー療法になることもあります。

なお副鼻腔に溜まってしまった鼻水は、できるだけ鼻をかむなどして体外に出し切りますが、小さなお子さんでは全てをそれで取り除くことは困難です。その場合は鼻⽔の吸引だけでもかまいませんので、遠慮することなくご受診ください。

医院概要Overview

●:土曜午前は9:00~13:00
休診:土曜午後、日曜祝日
診療時間 日祝
9:00~12:30
15:00~18:30

わらび駅前耳鼻咽喉科クリニック

〒335-0002
埼玉県蕨市塚越1-6-14 第一商事ビル2階
アクセス:JR蕨駅東口より徒歩3分

048-443-3387

当日順番予約はこちら
午前診療・午後診療ともに
午前 7:00~