耳鳴り|蕨の耳鼻科 小児耳鼻科|わらび駅前耳鼻咽喉科クリニック

  • 048-443-3387
  • 平日:9:00~12:30/15:00~18:30 土:9:00~13:00
  • 〒335-0002 埼玉県蕨市塚越1-6-14 第一商事ビル2階

耳鳴り

耳鳴りとは

耳鳴りは耳鳴(じめい)とも呼ばれるものですが、実際に音は出ていないのにも関わらず、自分の耳の中では音が鳴っているような感覚のことを言います。なお耳鳴は大きく2つに分類でき、他人は聞くことができない本人にしか聞こえない音を自覚的耳鳴、他人が聞くこともできる音を他覚的耳鳴とありますが、多くの患者さまが訴える耳鳴りは自覚的耳鳴です。ちなみに耳鳴りを訴える方の9割以上の患者さまに何かしらの難聴がみられるとされ、難聴の原因を突き止めることで耳鳴りが改善されるということも少なくありません。

この耳鳴りを訴える患者さまが聞こえる音というのは、「キーン」「ジー」「ピー」「ザー」「ゴー」「ザッザッ」「ガンガン」など様々で、また高音の耳鳴りもあれば、低音の耳鳴りもあります。これらの音の種類や耳鳴りが片側か両側かなどを聞くことで、原因疾患がわかることもあります。

このような症状がある場合、耳から脳にかけての聴覚経路(外耳、中耳、内耳、聴神経、中枢神経など)で異常が起きたと考えられがちですが、人によってはストレスなどによる心因性によって起きることもあれば、全身性疾患によることもあります。

なお自覚的耳鳴の場合は、内耳から蝸牛神経節の間で何らかの障害があることで耳鳴りが発生する末梢性と蝸牛神経節より中枢側に何らかの障害があることで耳鳴りが発生する中枢性に分けられます。末梢性の場合は、突発性難聴、加齢性難聴、騒音性難聴、メニエール病、中耳炎、外耳道炎、薬物性難聴などが原因疾患に挙げられます。中枢性の場合は高血圧や聴神経腫瘍などの腫瘍性の疾患が考えられます。

治療について

原因疾患がはっきりしている耳鳴りについては、その病気による治療を行っていきます。また原因が特定していない、加齢性難聴であるという患者さまにつきましては、薬物療法として、ビタミンB12、血流改善薬などを使用し、必要と医師が判断すれば、抗不安薬や抗めまい薬、漢方薬などを用いることもあります。

医院概要Overview

●:土曜午前は9:00~13:00
休診:土曜午後、日曜祝日
診療時間 日祝
9:00~12:30
15:00~18:30

わらび駅前耳鼻咽喉科クリニック

〒335-0002
埼玉県蕨市塚越1-6-14 第一商事ビル2階
アクセス:JR蕨駅東口より徒歩3分

048-443-3387

当日順番予約はこちら
午前診療・午後診療ともに
午前 7:00~