耳管開放症|蕨の耳鼻科 小児耳鼻科|わらび駅前耳鼻咽喉科クリニック

  • 048-443-3387
  • 平日:9:00~12:30/15:00~18:30 土:9:00~13:00
  • 〒335-0002 埼玉県蕨市塚越1-6-14 第一商事ビル2階

耳管開放症

耳管開放症とは

これは耳管(耳と鼻やのどをつないでいる器官)が常に開きっぱなしの状態を言います。この場合、中耳内を安定した空気圧に整えることができないので、自分の声が強く響くようになったり、耳閉塞感(耳が詰まった感じ)、呼吸音(スー、ハ― など)を聞き取るといった症状が立位や坐位の姿勢でよく見受けられるようになりますが、臥位や前かがみの状態になることで、これらの症状は改善されるようになります。

発症の原因については様々あるとされていますが、急激な体重減少(極端なダイエット)や顎関節症の患者さま、ストレス、不眠、末梢神経障害、腎透析、加齢、運動・脱水、経口避妊薬を内服している方などに起きやすいとされ、男性患者よりも女性患者(なかでも30~40代)が多い傾向にあります。また自分の声の聞こえ方が不気味に感じるなどして、それによってストレスから抑うつ状態を引き起こすこともあります。体位を変えることで症状が和らいだとしても、声が変だと感じたら速やかにご受診されるようにしてください。

治療について

診断をつけるための検査として、中耳内の空気圧を測定するティンパノメトリー、鼓膜の呼吸性動揺を観察する耳鏡検査などによって判定をつけていきます。これらは器具を耳に当てるだけで行える容易な検査です。

治療の基本は保存療法です。生理食塩液を点鼻する生理食塩液点鼻療法、漢方薬の使用のほか、鼓膜の動きを抑制させるために鼓膜にテープを貼ることで音の聞こえ方に改善がみられたということもあります。上記の保存療法だけでは改善がみられない場合は手術療法(耳管ピン挿入術:鼓膜を切開し、切開した穴から耳管ピンを挿入していき開放状態を改善していく など)が検討されます。

医院概要Overview

●:土曜午前は9:00~13:00
休診:土曜午後、日曜祝日
診療時間 日祝
9:00~12:30
15:00~18:30

わらび駅前耳鼻咽喉科クリニック

〒335-0002
埼玉県蕨市塚越1-6-14 第一商事ビル2階
アクセス:JR蕨駅東口より徒歩3分

048-443-3387

当日順番予約はこちら
午前診療・午後診療ともに
午前 7:00~